cSolve の設定

リンク機構やエアシリンダー機構を用いた装置の動作検証をする場合
シーンブラウザの同じアセンブリ内のパーツまたはアセンブリに配置拘束を設定し、動かしたい要素名の最後に「cSolve」を付与するだけで配置拘束された装置を動作させることができます。
異なるアセンブリにパーツが配置されている場合は、拘束した通りの動きを再現できませんのでご注意ください。