干渉チェック

icROBOSimシミュレーション時に干渉チェックをしたい場合は、IRONCAD の標準機能(メカニズムモード)を併用して実施します。 すべての部品を選択すると処理が重く、動作も遅くなります。 大規模アセンブリの場合、小ユニット単位で確認する対象に対してのみ干渉チェックされることをお勧めします。