Takayuki.S のすべての投稿

干渉チェック -icROBOSim-

ロボットを使用したicROBOSimシミュレーションで動作確認する際に干渉の有無をチェックする方法を
ご紹介します。

IRONCADの標準機能でありますメカニズムモードを同時に起動することでicROBOSimのロボットを使用した場合の
干渉チェックを行うことができます。

※CaptureElementのみの場合は干渉チェックはできませんため、ご注意ください。

ICIR01-012-19-B

「mfc100u.dll 」警告が出た場合 -icROBOSim-

ご使用のコンピューターに Visual C++ ライブラリのランタイム コンポーネントがない状態になっていると思われます。
マイクロソフトのウェブサイトより実行ファイルをダウンロードの上、インストールしてください。
※32bit版と64bit版の両方をインストールされてください。

Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ 32bit版

Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ 64bit版

上記はMicroSOFTの実行ふぁいるとなりますので、ご不明点はMicrosoftへご質問ください。
またインストールされます際はシステム管理者の指示のもとで実施されてください。

この作業に伴いますIRONCAD以外のすべての不具合に関しましては当社では一切責任を負いかねます。

ICIR00-002-19-C

動画の記録 -icROBOSim-

icROBOSimで作成したシミュレーションの動画を記録する方法をご紹介します。
デザインレビューや営業説明等にもご活用いただけます。

動画を記録する場合は、RSSequencer操作メニューの一番右側にあります「Record Video」を使用します。
記録している間はマウスの左クリックを押したままにすると、記録スピードが速くなります。

また動画を記録している途中で一時停止し、モデルの向きや拡大縮小を変更することもできます。
・一時停止:SPACEキー
・録画中止:ESCキー

ICIR01-013-19-B