基本操作

RSSequencer ユーザーインタフェース

RSSequenerは、IRONCAD画面と別ウィンドゥで起動します。これは、ロボットや要素を登録し、3次元の位置情報を時間軸に沿って割り当てを行うツールです。

  • (A) – ターゲットの取り込み : ターゲットオブジェクトをキャプチャし、そのオブジェクト用の新しいイベントトラックを作成します。現在、 RSSequencer は、ロボット および 単純な要素の二つの異なるタイプをサポートします。
  • (B) – イベントの種類 – 指定されたトラックにイベントを挿入します。 Aは回転角度 (Angle) となり、ロボットに対してのみ設定可能です。また、Pは直線運動 (Point to Point) となり、ロボットと要素の両方で指定可能です。
  • (C) – RSSequencerの設定
  • (D) – トラック名
  • (E) – メッセージボックス    (E2) – メッセージボックスの表示オン・オフボタン
  • (F) – 表示時間のスタンプスケーラー

UserInterface

 


UDP / IP による通信

RSSequenerは、UDP / IPのプロトコル経由でIRONCAD のRSServerアドインと通信を行います。

 


要素を使った「モーション・コンポジション」

基本ブロック要素を取り込む方法、挿入/削除方法、タイムスタンプ・イベントの操作方法など簡単に「モーション・コンポジション」を行うための方法をビデオで紹介しています。

 


ロボットを使った「モーション・コンポジション」

カタログからロボットをドラッグ&ドロップする方法、ロボットを取り込む方法、タイムスタンプのイベント挿入および削除方法、動作検証方法などの「モーション・コンポジション」を行うための方法をビデオで紹介しています。